皆様こんにちは。

参回目からPCをご持参頂きますが、その環境セットアップについて説明します。

まず、以下の手段を用いてPCにUbuntu17.04デスクトップをインストールしてください。

  • VMWare
  • VirtualBox
  • 直接

私が確認したところUbuntu17.04の標準インストールパッケージにはPython3(正確にはPython3.5)がインストール済ですので改めてPythonをインストールする必要はありません。ただし、この場合のコマンド名称は「python3」となるのに注意してください。「python」としてしまうと、python2.7が起動します。

次に下記コマンドを実行してpython用のパッケージシステム(pip3)をインストールし、今回必要なPythonモジュールをインストールします。

最後に確認として、以下のようにしてください

機械学習のライブラリとして「scikit-learn」を使用しますが、これのバージョンは0.18.1でお願いします。上記のコマンドを実行するとモジュールをインポートすることができるのが確認でき、さらにバージョンを確認できます。

お手数をおかけ致しますが、ここまで作業をお願い致します。

PHPでarray_mergeという関数があってなかなか便利というか、連想配列で重複しているキーがあるならその要素は上書きされるという約束になっています。

2つ引数で連想配列を指定して先に指定した方に後のをマージするということで、この場合前述のように重複したキーがあるならば後の要素で前のを上書きすることになります。

こいつをScalaでやろうとすると以下のようになります。

まあ++メソッド(Scalaには演算子はありません)一発なんですよね。

この辺は書き方の問題に過ぎませんがね。

 

タッチバーつきのMacBook Pro手に入れてキャハー状態なのです!
ただ、いわゆるUSBC問題は4月発売のHubで解決しようと思ってます。

ですが、今すぐにでもプロジェクターにつなげる必要はままあるわけで…

まず、安直に買ってしまいました。純正のThunderbolt3->Thunderbolt2アダプタです。

こいつを従来使っていたVGAアダプタにつなげれば良くて、汎用性もバツグンと思ってましたが、これはNGです!

ちゃんと調べていなかっただけなのですが、VGAアダプタは

Thunderbolt2 -> VGAではなく

miniDisplayPort -> VGAなんですよね。で、こいつらは端子形状に互換性があっても中味は別物

なので別に買いましたよトホホ

エレコムのAD-APCHDMIWHという製品です。4K対応なのです。4K対応ということでHDMIも新しいバージョンに対応しているハズなのでトラブル回避できるかな〜と期待です。

で、こいつは長時間接続とかスリープ復帰はまだ試していませんが普通につながりました!

プロジェクターの端子ってエプソンだとVGAかHDMIなんですよね。人様のを使わせて頂く場合を考えると、VGAアダプタ持っておくのが無難でしょうね。最初から純正買っておけよ!と言う話でした。

まつがえて買ったアダプタは正直使い道なさそう…

下の画像はアマゾンへのアフェリエイトリンクです)キリ

色は白と黒がアルヨ!

エレコム 映像変換アダプタ USB Type-C to HDMI for Mac ホワイト AD-APCHDMIWHエレコム 映像変換アダプタ USB Type-C to HDMI ブラック AD-CHDMIBK

純正VGAアダプタです

Apple USB-C VGA Multiport アダプタ MJ1L2AM/A

 

1 / 1712345...10...最後 »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。