偶数か奇数を判定する方法は、

  • 2で割ったときの余りが0のときは偶数
  • 2で割ったときの余りが0でないときは奇数

という条件で判定します。割り算の余りを求めるには「%」という記号(演算子)を使います。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。