設問の値はすべて数値ですので、考え方としては、実数値を扱う型には整数値を格納することはできても、その逆である整数を扱う型には実数は格納できないことになります。あと、それぞれの型では扱える値の範囲が決まっています。本書ではこの説明は省略しましたので、例えばこのサイト(http://www.javaroad.jp/java_variable.htm)を参考にして考えてみてください。

(1)123

Int、Short、Byte、Long、Double、Float、Char型に格納できます。

(2)0.25

Double、Float型に格納できます。

(3)200

Int、Short、Long、Double、Float、Char型に格納できます。

(4)–100.35

Double、Float型に格納できます。

(5)3.14159265359

Double型に格納できます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。