ご存じ、「孫子」ですが、私にとっては迷いが生じたときに読むことにしている本です。

↓Amazonへのリンクアリ

孫子 (講談社学術文庫)  
この講談社学術文庫のがちょびっと高いけど解説が充実しているのでオススメ。

著者独自の解釈が入っているビジネス書系の孫子の本は却下。なるべく原典に親しむのが良いと私は思います。

何回も何回も読む度に新しい発見がある本なので、決して出費は無駄にはなりませんぞ。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。